スポンサーリンク
品種のご紹介

食虫植物 ウツボカズラ! 捕虫器の色や形もいろいろあります。

ウツボカズラは代表的な食虫植物です。つぼ型の部分は捕虫器といって、葉が変化したものです。中の液体のほとんどは水ですが消化液が含まれているため、虫などを消化することができます。捕虫器がいくつもぶら下がっている風景は独特で、観賞用として親しまれています。
商品

細工物の材料 ツゲ(樿)。

ツゲの木材は、木目が細かく緻密で加工後の狂いが少なく黄色みを帯びて美しく、古来より細工物の材料として親しまれてきました。とりわけ日本で重用されたのが櫛です。
品種のご紹介

観賞、木材、油、生薬、食用。日本人が愛したヤブツバキ(藪椿)

日本固有種です。一般的にヤブツバキを一般的に「ツバキ」と呼んでいます。雑交が多く、古くから園芸品種が作られてきました。亜種や近縁と言われる「ユキツバキ」とともに園芸用に選抜・改良されて、いまでは多彩な花の形、色の品種があります。
品種のご紹介

園芸改良でより美しく。ビバーナム(ガマズミ)。

ガマズミというと、小さな花がさく低木という地味なイメージがありますが、その仲間は華麗な園芸種が多いです。ビバーナム(ビブルヌム)、セイヨウカンボク、オオデマリなどさまざまで、欧米では庭木や生垣の定番ともなっている様です。
商品

アボリジニが薬として大切にしてきた、ティーツリー

オーストラリアのティーツリーオイルは、その高い純度と殺菌・抗菌・抗カビ・抗炎症・抗炎症効果を持つことで、世界的に知られています。先住民族のアボリジニは、何千年もの間、この葉をすりつぶしてオイルにまぜ、薬として大切にされてきたと言われており、オーストラリアではかゆみ止めやちょっとした怪我や擦り傷の消毒や治療に利用している家庭が多いそうです。
未分類

風に揺れ、そのたたずまいを楽しむ。フウチソウ(風知草)。

古くから盆栽、山野草として愛されてきました。ふさふさとボリュームのある葉が涼しげで、半日陰から暗めの日陰まで元気に育ってくれるので、シェードガーデンの強い味方です。
未分類

切花でも、地植えでもわくわく。パイナップルツリー(ユーコミス)

夏に太い花茎を伸ばし、その頂部に星形の小さな花を多数つけ、先端に葉を茂らせます。一輪でも存在感のある花姿から、切り花としてディスプレイにも使われています。形がユニークなこともさることながら、とても日持ちのいい切花にもなります。
未分類

愛くるしい花。オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノキ)

春から夏に黄色い花を咲かせ、実が熟す頃は赤いガクと黒い実ができます。「ミッキーマウス」に似ている事から、Mickey-Mouse plant(ミッキーマウスの木)とも呼ばれます。
商品

時の需要に翻弄され、技術革新により見直されたカラマツ(唐松)

樹形は美しく、秋には葉が黄金色に染まり晩秋には葉を落とします。成長が早く、木材の原料としての需要で北海道から本州中部各地で育成されていました。遊歩道の木道、盆栽、シンボルツリーとしても利用されています。
商品

個性的な香りで人々を魅了する、パチョリ(パチューリ)。

花はあまり咲くことがありませんので観賞用の価値は少ないですが、地上で最も官能的な香りの1つと言われています。ポプリ、香水、化粧品の原料としてよく使われます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました