スポンサーリンク
品種のご紹介

秋の紅葉が美しくユニークな実 モミジバフウ(アメリカフウ)

葉がモミジに似ており、秋の紅葉が美しいマンサクの仲間です。一般にモミジバフウと呼ばれ、公園や街路に使われることが多い様です。実の形がユニークで、クリスマスリースの材料になるほか、小型エビの隠れ家になるとして熱帯魚愛好家向けに販売もされています。
未分類

北の大地の救世主となるか!? シーベリー(サジー)

果実にはビタミンCが豊富で、ビタミンA、ビタミンE、さらに果物としては珍しく油脂(不飽和脂肪酸)を含みます。その他、豊富な鉄分、亜鉛、アミノ酸類、様々なファイトケミカルが含まれ、その種類は200種以上といわれています。
品種のご紹介

日本独自の美意識で発展した、古典菊(コテンギク)。

菊は日本在来の植物ではなく、中国からもたらされたと考えられています。 平安・鎌倉時代には、日本独自の美意識により支配者層の間で独特の花が作り出されました。 それが大衆化して、江戸時代までに日本各地で楽しまれた菊を、古典菊と言います。
品種のご紹介

ひっそりと秋に咲く、日本固有種の ジンジソウ(人字草)

山地の岩壁の水が滴るようなところににひっそり生える山野草。日本固有種です。 秋吉台では、洞窟入り口付近の湿った岩上やコケむした腐木上で多く見られます。
未分類

様々な色合いで楽しめる、スタイリッシュな コルジリネ(千年木)

葉模様が美しい観葉植物で、園芸品種が多く作り出されています。赤色や黄色などのカラフルな葉色の他に、銅色のシックなもの、クリーム色の模様が入るものまで、見た目の印象はさまざまです。ミニ観葉から大鉢仕立てにしたり、他の観葉植物と組み合わせて楽しめます。細長い葉はスタイリッシュでとても目立ちます。
未分類

スタイリッシュな庭木に、ドドナエア(ホップブッシュ)。

夏の葉は明るいグリーンですが、冬に葉の色が赤から黒に染まります。葉の感触はカサカサしてドライな感じです。蒸し暑さにも比較的強く、寒さもマイナス5℃程度まで耐えるようなので、関東以西では庭植えも可能です。放任すれば3mほどにはなりますが、剪定したり鉢植えで樹高を低く抑える事もできます。
未分類

オレンジ小花が可愛い。ハナアロエ(ブルビネ・フルテスケンス)

強健な性質で生育旺盛な植物です。南アフリカ原産の植物だけあって、耐暑性は抜群です。 4月頃から11月頃まで長い花期があり、次々と花を咲かせます。関東以西の平地では、戸外での冬越しが可能です。
品種のご紹介

ハーブ、香辛料の王様。 ローズマリー !

爽やかな香りが特徴的なローズマリーは、古くから薬用に用いられてきたハーブの一種です。丈夫で育てやすく、家庭に1本あれば、料理にも重宝しますよ。消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用もあります。
品種のご紹介

ハートがいっぱい、幸せいっぱい。ケマンソウ(タイツリソウ)。

遠くから見るとハート形が連なっているようで、その花形が個性的です。色はピンクや白があります。半日陰で育つのでシェードガーデンの宿根草としてよく用いられています。鉢植えでも育てる事ができて寒さにも強いので、初心者でも育てやすいです。ただし全草、特に根茎と葉に毒がありますので、誤食には注意が必要です。
品種のご紹介

種の多様性がおもしろい。カタバミの仲間のオキザリス。

オキザリスは日本でいうカタバミの仲間で、草丈5cm~15cmほどになります。夏に開花する春植え種と、冬に開花する秋植え種に大きく分けられます。色とりどりの花を咲かせる耐寒性球根です。休眠期があり、休眠期の間に土の中で分球します。生命力が強...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました