スポンサーリンク
品種のご紹介

待ち遠しい春を華やかに飾る、ハナモモ(花桃)

花の観賞を目的とした園芸品種の総称です。実を食用とする一般的なモモと区別するためにハナモモ(花桃)と呼んでいます。江戸時代に多くの鑑賞用に改良がされて今でもその品種が残っています。白からピンク、紅の花色があり八重咲、菊咲きなどの花の形、枝垂れや矮性など樹形があり、多種多様に楽しめます。
品種のご紹介

花が綺麗で、芋は健康食品。キクイモ(菊芋)。

ショウガに似た塊茎を食用にします。多糖類のイヌリンが多く含まれ、消化によりオリゴ糖の一種に変化するので、健康食品として利用されます。ただし繁殖力が非常に強く、河川敷や農耕地で雑草化して問題にもなっています。
品種のご紹介

トウガラシ・ハバネロ・シシトウ・チリペッパー 何が違うの?

いろいろな名称があるトウガラシ属の植物たち。鑑賞用や食用、香辛料、保存料、防虫、薬用など多種多様な人との関わりがある植物です。名称・分類を確認して、納得、すっきりしてから、楽しみませんか?
商品

熱帯の宝石。コーラルピンクの メディニラ・マグニフィカ

フィリピンに自生する着生植物で、花が大変美しいことから「熱帯の宝石」とも呼ばれています。 植物園の温室で見かける機会が多い花です。花がない時期でも、大きく艶のある葉は観葉植物として存在感があります。高温多湿を好みますが、寒さには弱いので鉢植えにして育てるのが一般的です。
商品

生垣に人気!。赤い若葉の レッドロビン(ベニカナメモチ)

鮮やかな赤い新芽をつけ、葉は時間がたつと徐々に緑色へと変化していきます。生垣として植えると外からの目隠しになり、また家を華やかに見せてくれます。 在来種のベニカナメモチは、病害虫に弱く、根が付きにくいなどの理由か一時期は人気が落ちましたが、改良された新品種「レッドロビン」は病害虫に強い性質があり、人気があります。
未分類

冬の妖精は可愛らしい。花かんざし。

カサカサとした手触りの花で、春から夏までと開花期間が長いことから、花壇や寄せ植えの彩りによく加えられます。気温と湿度の高い環境が苦手なことから、日本では一年草として育てられます。
商品

甘味料で有名なステビア。その真意を探る!

ステビアは独自の苦味成分があるのですが、それを取り除く技術が開発されて、1972年に世界にさきがけ、甘味料として商品化されました。現在も使用を認めていない国がありますが、ステビアは適正に使用される限り人体に安全であることが実証されてきています。さらに、茎には強い抗酸化活性作用があるなど、私たちの健康に良いものである認識が増えつつあります。
品種のご紹介

葉の意外な模様やカワイイ花が楽しめる、レックス・ベコニア。

変化に富んだ葉の形や葉の色を観賞する、園芸品種の一群です。葉の大きさや形、色は変化に富みます。多肉質に太ったほふく茎が地下を横に這うグループを、根茎性ベゴニアと呼んでおり、レックスベコニアもこの性質を持ちます。
商品

シルバーリーフが美しい、モクビャッコウ(木白虹)

葉が美しい銀葉であることから、近年は寄せ植えとして使用することが多くなりました。 栽培するために盗掘が多く、自生種は激減しているそうです。守ってあげながら、栽培種を楽しみたいですね。
未分類

健康フルーツのとして注目の、アロニア(チョークベリー)

ブルーベリーやハスカップよりも豊富なポリフェノール成分を含有しており、目の疲労回復や機能改善に効果があると言われています。生果実は若干の渋味と淡い苦味が残ることから、食用には加工するのが一般的です。初夏に咲く花や紅葉に観賞価値があるため庭木としても普及しつつあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました