スポンサーリンク
品種のご紹介

花びらがフワフワ美しい。球根ベコニア。

球根を持つベコニアで、モフモフした20cmを越える大輪の花は、ベゴニアの女王・生きている造花・この世で最も豪華な花などと形容されます。美しさを楽しむには、育てて鑑賞するのが一番の醍醐味です。花の豪華さは、洋蘭やボタンに勝るとも劣らないほどです。
商品

育てて収穫を楽しむ。ハトムギ。

ハトムギは、健康茶や五穀米などご飯に混ぜて炊いて召し上がるなど体に良いとされています。実は、ジュズダマという模様が綺麗で年配の方なら、首飾りなどで遊んだ経験のある植物からの変異種なんです。漢方でも扱われているハトムギの魅力に迫ります。 ...
品種のご紹介

可愛らしい、セイヨウ・クモマグサ 育てて楽しむ 

クモマグサは白馬岳と御嶽山のみに分布する高山植物であって、園芸店で扱われている多くのクモマグサは、 ヨーロッパ原産の野生種からつくられた別の植物です。区別するために、セイヨウクモマグサと呼ばれています。まぁ、可愛ければいいじゃん。
品種のご紹介

イングリッシュガーデンを飾る、クレマチス

センニチソウ属のつる性多年草のうち、花が大きく観賞価値の高い品種の総称がクレマチスです。テツセンやカザグルマと呼ばれる花も、クレマチスを指します。「つる性植物の女王」と呼ばれています。
品種のご紹介

白梅、紅梅 香り高き優雅な花。

前回はウメの加工品の特集をしましたが、今回は観賞用の「花ウメ」を特集します。香り高く、美しいウメの花。
品種のご紹介

元は薬用植物、今では観賞。シャクヤクを楽しむ。

「立てば芍薬、座れば牡丹」と形容されてきたボタン。 美しい女性の容姿や立ち居振る舞いを表現したものです。見た目が似ているボタンとシャクヤクですが、今回はボタンを特集します。
品種のご紹介

山菜楽しむ(食べる、育てる、観賞する)。フキノトウ!

フキノトウは、早春に葉が伸出するより先に花茎が伸び出したものです。つぼみのうちに収穫して山菜として楽しみます。天ぷらや煮物、みそ汁、ふきのとう味噌に調理して春を頂きます。 フキノトウ(雄花) 植物としての特徴 キク科...
品種のご紹介

荒野に育ったヒース、エリカが持つハーブの魅力。

冬の園芸コーナーに良く並ぶのは、エリカと呼ばれるピンクの小粒を沢山散りばめたような可愛らしい植物。日本ではあまりなじみが少ないですが、ヨーロッパでは伝統的なヒースガーデンや、ハーブ、ポプリとして利用価値が高いです。
品種のご紹介

ツバキ属のキング・オブ・パヒューム。★ヒメサザンカ★

日本に自生するツバキ属は、サザンカ・ヤブツバキ・ユキツバキ・ヒメサザンカと言われています。小さな可愛らしい花を咲かせるヒメサザンカは、ツバキ属の中で一番香りが高いそうですよ。
品種のご紹介

ハーブ・観賞用としてのチャノキ

紅茶、緑茶、ウーロン茶すべての原料であるチャノキ。現在では、それぞれの茶葉の製造に適した品種改良品から作られますが、チャノキ1本で様々な発酵過程を経てさまざまな茶が出来ます。以前にもお茶の特集をしていますが、今回は、植物としてのチャノキを特集します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました