スポンサーリンク
品種のご紹介

ホウキ状の樹形と、ピンクの花が素敵!ハナズオウ。

春、葉が出る前に​赤紫色の小さな花を密集して枝につけて、道行く人の足を止めます。 北海道南部以南が栽培適地となります。暑さ、寒さにも強く、手入れが簡単なことから、庭木の他、公園などにもよく植栽されています。木は直立して生長するので枝が広がらないことから、比較的狭いスペースでも育てることができます。
品種のご紹介

チューリップに似た花、秋の黄葉が美しい。ユリノキ。

5~6月ごろにチューリップのようなクリーム色とオレンジ色の花を咲かせます。大きな枝を整然と広げる樹形が美しく、日本の気候にも合っているので、公園や学校などに植えられたり、街路樹としても広く利用されます。秋には葉が黄色に色づき、美しいです。
商品

白い大きな苞葉がステキ。5月の空に映える、ハンカチノキ。

4月下旬~6月上旬になると、枝にハンカチがぶら下げたような花を咲かせます。暖かい季節を迎えてほっとした季節、青空に映えるハンカチの木を仰ぐと、きっと穏やかなひと時が得られるでしょう。 自生地は高原の涼しい所で耐暑性はあまりありませんが、四国や九州でも開花しています。 シンボルツリーとして公園や庭に利用されています。
未分類

多様性による美しさ。甘茶として利用できる種も。ヤマアジサイ。

アジサイの多くは「ガクアジサイ」が多いですが、山中で良く見かけるものは「ヤマアジサイ」または「サワアジサイ」と呼ばれるものがとても多いです。色のバリエーションが多く、さらに花の形は中心部と輪郭部で花の形に違いがあって飽きません。小さく仕立てやすいので、鉢植えにも良いです。
未分類

ひっそりと美しい。今年も会えたね。チゴユリ(稚児ユリ)。

4月から6月にかけて、まるで恥じらっているかの様にうつむき加減に白い花を咲かせます。小さくて可愛らしいことから「稚児ユリ」と呼ばれ、花言葉は「恥ずかしがりや」「純潔」などがあります。園芸植物として栽培されたものが購入できますので、自宅で育てて楽しむことができます。
商品

春を呼ぶ、清楚な花木。シロヤマブキ(白山吹)。

白い花と緑の葉が、春の黄色い花が多い時期に逆に清楚に移り目立ちます。 ヤマブキと名前が似ていますが、別の種になります。観賞用として全国の植物園や庭などに植栽されています。
品種のご紹介

観賞、精油、虫よけ。葉を触ると香り良き、ハーブゼラニウム。

バラ/リンゴ/レモン/パイナップルといった果物の香りを持つものやシナモン、ジンジャーといったスパイス系の香りを持つものなど種類が豊富にあります。花は春から秋まで咲き育てやすく、観賞用のほかにも香水や化粧品の香料として使われています。
品種のご紹介

一枚葉が興味をそそる。山菜としても。ヤブレガサ。

開花年以外は、春に1枚しか葉を出さない特徴があります。早春に出る芽から成長した若葉は、綿毛に覆われて愛らしく、名前のとおり破れた傘のような形で多くの愛好家がいらっしゃいます。斑入り品種は、3月から10月にかけて葉も楽しめます。鑑賞だけではなく山菜としても楽しめますので、家で育ててみませんか。
品種のご紹介

森にひっそりと赤い実。コケモモを観賞し食する幸せ。

比較的涼しい気候の森林に生える植物です。果実は直径7ミリメートルほどで秋に赤く熟し、非常に酸味が強いため、通常は砂糖などで甘みを加えて調理します。鉢で観賞するのもステキです。英名はリンゴベリーと言います。
品種のご紹介

独特の個性があなたを誘惑。クロユリ(黒百合)

高山帯の涼しい気候で育つ植物で、うつむき加減に暗い紫色の花が咲きます。落ち着きのある色合いが好まれ、栽培もされています。夏の暑さは苦手なので、涼しく風通しの良いところで育てて楽んでいただきたい高山植物です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました