品種のご紹介

新しい発見。新しい出会い。
いろいろな植物の紹介や新品種をご紹介します。

スポンサーリンク
品種のご紹介

ベツレヘムの星、オーニソガラム。

キリスト誕生の夜に光り輝いたといわれており、花径3㎝ほどの小花をたくさん咲かせるので、月夜の光で輝いて見えたのかもしれませんね。ロマンチックなこの植物、実は寒さにも強いので日本で栽培しやすく、切り花にしても長持ちします。
品種のご紹介

Mr.とげとげ ディッキアの魅力に迫る

乾燥に強く、育てやすい。エアープランツの仲間でもあるディッキア。さまざまなこう配種があり、いろも様々です。
品種のご紹介

香り良いランの仲間、デンドロビウム

耐寒性があり、ランの中では比較的育てやすいです。春に開花しますが、お店では冬に満開の株が販売される事もあります。品種改良がされて多彩な株から選んで楽しむ事ができます。
品種のご紹介

食べられる多肉、グラパラリーフ

多肉で観賞植物でありながら、肉厚で濃い緑色のみずみずしい果肉がぎっしり詰まっています。パリッとした食感の後にジュワーっと水分があふれる感覚がたまりりません。ほのかな酸味とリンゴの風味がします。これは育てるしかないですね。
品種のご紹介

脱皮の魅力!?リトープス。生きる宝石。

今回は個性豊かな、多肉植物。石や砂に擬態しているともいわれています。成長すると真ん中がパッカ~ンと避けて、まるで脱皮していると形容される面白多肉さんです。お気に入りの模様を見つけて育てると、わくわくするでしょう。 植物の特徴...
品種のご紹介

観賞用パイナップル、アナナス! 

アナナスは本来、パインアップルの事を示しているのですが、園芸上はパイナップル科の植物を示す事が多い様です。まるで、プラスチックで作った花のような人造的な感じを受けますが、それがこのアナナスの特徴です。魅力に迫ります。
品種のご紹介

葉も実もハート型で愛らしい、マルバノキ

シンボルツリーとして、鉢植えとしてもかわいらしく紅葉が綺麗なマルバノキ。日陰にも強いので、あまり日光が入らない庭でも植えられます。
品種のご紹介

黄金葛(オウゴンカズラ)てか、ポトス。

ツル性の観葉植物で、水差しで簡単に根が出て増やせる事もあり、人気の植物です。班入りやライムグリーン一色など園芸種もいろいろあります。
品種のご紹介

イヌサフラン 可愛いけど強毒です。

可愛らしい花のイヌサフラン。 秋に開花するアヤメ科のサフランと名前も花の形も似ているのですが、全く別の植物です。愛でるだけなら問題ありませんが、山菜家、やパエリア自作派は注意が必要です。
品種のご紹介

サフラン、3つの魅力をあなたに

サフランの球根は簡単に手に入ります。かわいらしい愛らし薄紫の花は秋に開花します。手作りで料理等に利用する時は、容姿が似ているクロッカス(毒)、イヌサフラン(猛毒)と混同しないように注意が必要です。市販のサフラン球根であれば間違いないですが、しっかり区別できるようになるとなお安心ですよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました