混同されやすい、モクレン と ハクモクレン。

品種のご紹介

春になると、モクレンの白い花が咲い始めます。
ちょっと待ってください。モクレンは紫色ですよ。さてさて、何が本当なのでしょうか。上品な強い芳香を放つモクレンを知って楽しみましょう。

植物の特徴

モクレン科モクレン属の落葉低木です。中国原産です。
花が紫であることから、シモクレン(紫木蓮)とも呼ばれます。小型で樹高が3~5mくらいになります。開花時期は4~5月頃で、花びらは外側が濃い紅色から桃色で内側は白く、上品な強い芳香を放ちます。

地球上で最古の花木といわれており、1億年以上も前から今のような姿であったらしいのです。

モクレン

モクレン属(マグノリア属)は、他にもいろいろあり白い花を咲かせる「ハクモクレン」は木蓮の近縁種で、モクレン属の中では大型で樹高は10-15m程度まで成長します。この種はしばしばモクレンと混同されて呼ばれる様です。他の近縁種では「サクラモクレン」よ呼ばれる、ピンク色を主体とした花を咲かせるものもあります。

ハクモクレン

マグノリア、モクレン、コブシ どんな種類なの?

関連した言葉が多いので、ここで整理してみましょう。
モクレン、ハクモクレン、コブシはモクレン属のそれぞれの種です。それでは「マグノリア」の意味は何でしょうか?

マグノリアとは
  • モクレン属 の英名
  • 中国、日本、ヒマラヤ、北米のモクレン属を交配させた園芸種

つまり、園芸用に改良されたモクレン属を示す事が多いと思いますし、コブシもマグノリアに含まれると言っても良いのではないでしょうか。

モクレンを育てる

樹高はあまり高くなりませんが、横枝が張るため、少なくとも直径3mの広さが確保できる場所が必要です。日当たりのよい場所であれば、おう盛に生育し、花もよく咲かせます。

土壌は腐植質に富んだ水はけがよいものが適しています。モクレンは根が粗く、細根が少ないので、成木の移植は困難です。将来の大きさを考えて、植えつけ場所を選ぶことが必要です。大きく育つため、鉢植えでの栽培には向きません。【みんなの趣味の園芸より】 

コメント

タイトルとURLをコピーしました