バナナんぼ

スポンサーリンク
商品

春を呼ぶ、清楚な花木。シロヤマブキ(白山吹)。

白い花と緑の葉が、春の黄色い花が多い時期に逆に清楚に移り目立ちます。 ヤマブキと名前が似ていますが、別の種になります。観賞用として全国の植物園や庭などに植栽されています。
品種のご紹介

観賞、精油、虫よけ。葉を触ると香り良き、ハーブゼラニウム。

バラ/リンゴ/レモン/パイナップルといった果物の香りを持つものやシナモン、ジンジャーといったスパイス系の香りを持つものなど種類が豊富にあります。花は春から秋まで咲き育てやすく、観賞用のほかにも香水や化粧品の香料として使われています。
品種のご紹介

一枚葉が興味をそそる。山菜としても。ヤブレガサ。

開花年以外は、春に1枚しか葉を出さない特徴があります。早春に出る芽から成長した若葉は、綿毛に覆われて愛らしく、名前のとおり破れた傘のような形で多くの愛好家がいらっしゃいます。斑入り品種は、3月から10月にかけて葉も楽しめます。鑑賞だけではなく山菜としても楽しめますので、家で育ててみませんか。
品種のご紹介

森にひっそりと赤い実。コケモモを観賞し食する幸せ。

比較的涼しい気候の森林に生える植物です。果実は直径7ミリメートルほどで秋に赤く熟し、非常に酸味が強いため、通常は砂糖などで甘みを加えて調理します。鉢で観賞するのもステキです。英名はリンゴベリーと言います。
品種のご紹介

独特の個性があなたを誘惑。クロユリ(黒百合)

高山帯の涼しい気候で育つ植物で、うつむき加減に暗い紫色の花が咲きます。落ち着きのある色合いが好まれ、栽培もされています。夏の暑さは苦手なので、涼しく風通しの良いところで育てて楽んでいただきたい高山植物です。
品種のご紹介

食べて体験!おいしいドングリ。ハシバミ。

ヘーゼルナッツという美味しいナッツがありますが、これは「西洋ハシバミ」と呼ばれます。 今回ご紹介するのは、日本に分布している「ハシバミ」というドングリです。角が生えた「ツノハシバミ」など面白い種もあり、救難植物として庭に植えておきたい樹木です。
品種のご紹介

校庭、神社、庭木に愛されてきた、イチイ(一位)

耐寒性や耐陰性があるため、日本各地で利用されてきました。緻密で弾力性のある木材、赤くトロッと甘い(中の種や、枝葉は毒)実は生食や果物酒に利用されます。高木になりますが成長が遅く、樹型は円錐形にまとまるので、扱いやすい常緑針葉樹です。
商品

生薬、セリの香りを生かした料理に活躍!トウキ(当帰)。

根は生薬として利用されてきましたが、現在はハーブとして、トウキの葉を料理のアクセントとして、トウキ葉を使った天ぷら、お茶、調味料、和洋菓子や石鹸など様々に利用が広がっています。
品種のご紹介

山で頬張った思い出。甘酸っぱいグミをゲットする!

グミは北海道から九州までの山野に自生しており、その場で食べたり、収穫してジャムにして楽しまれています。商業的にはほとんど利用されていない植物ですが、一部では生垣にしたりしています。苗が通販等で売られています。
品種のご紹介

庭に植えたい!山菜や薬用に使われる優れもの、ウコギ。

昔から食用を兼ねた生垣として日本では利用されてきました。タラノキ、コシアブラ、ウドなどの仲間で、若菜を摘んで「ウコギ御飯」として食べることができるため、昔から実用を兼ねて庭に植栽されてきました。最近は挿し木をして翌年に出た若芽を「ウコギ菜」として販売もされています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました