鑑賞だけでない!ボケでジャムを作る。

未分類

春の代名詞、ボケの花。品種が多く様々な色彩で楽しませてくれます。庭木や盆栽など多彩なのですが、実はバラ科の植物で 香りのよい果実を使って果実酒やジャムをつくることができます。見るだけではない、ボケの楽しみ方も併せてご紹介します。

植物の特徴

バラ科ボケ属の落葉低木で、原産地は中国大陸です。日本原産のクサボケ 、 中国のマボケ、 中国のマボケに分類されます。実が瓜に似ている事から木瓜(モケ)と呼ばれていたのが転じて「ボケ」と呼ばれるようになったという説があります。

樹高は1~2m。若枝は褐色の毛があり 古くなると灰黒色になります。樹皮は縦に浅く裂け、小枝は棘があります。 花は3 – 4月に葉よりも先に開き、短枝の脇に数個付きます。径が2.5 – 3.5cmで色は淡紅、緋紅が多く、白と紅の斑、白などがあります。

本州から四国・九州にかけて自生しています。温暖地でよく育ちます。北海道では南部でも育てられますが、耐寒性の問題もあり種類が限定されます。

ボケの実を加工して楽しむ

ボケの実はジャムやお酒に加工して楽しむことができます。実は売られていませんので、庭などで育てられている人の醍醐味なのです。梅の実に似ている実が出来、黄色く香りが出始めた頃に収穫してぜひ楽しんでみましょう。

ジャムにして楽しむ

爽やかなおいしいジャムになります。実自体に酸味がありますので、レモンを入れなくても美味しくできます。通常のジャムづくりより簡単ですよ。

ジャ作りのポイント
  • 浸るくらいの水にボケの実を入れ、5分くらい茹でる
  • 実を裏ごしします。硬い皮と種は外します。
  • 砂糖を加えます(実の重さの4割くらい)。
  • 弱火で砂糖と果肉を馴染ませる。

果物酒を楽しむ

庭の観賞用のほか、各地に自生する野生のボケともによい材料となるそうです。
香りが良く、酸味のある果実酒になります。ホワイトリカー、氷砂糖、漬け込む時のガラス瓶を用意して作ります。 ある程度の実が収穫できる方向けですが、2,3個でも小ビンに入れて楽しむ事もできますよ。

果実酒作りのポイント
  • 保存容器はよく洗浄して、十分乾かした清潔な瓶をご使用する
  • 実の表皮をよく洗い、3~8片程度に切って、氷砂糖とともに漬込む。
  • 最低3ヶ月、標準1年以上です。3年以上置いたものは風味も増し美味しい。

果実 500~600g に対して、氷砂糖は 300~400g。ホワイトリカー1800ml
好みにもよりますので、あくまでも参考まで。

育てて楽しむ

日当たりのよい場所で、乾燥しすぎない土壌であれば、土質を選ばずによく生育します。とげがあるので生け垣にすることができます。耐寒性もあり北海道でも育てられる品種があります。

最後に

ボケの実は、カリン同様に芳香剤にもなります。また好みの品種の花粉を付けてこう配して、出来た種から新品種を作る楽しみもあり、奥の深い探求も楽しめるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました