白梅、紅梅 香り高き優雅な花。

品種のご紹介

前回はウメの加工品の特集をしましたが、今回は観賞用の「花ウメ」を特集します。香り高く、美しいウメの花。

花ウメとは? ウメの特徴。

バラ科サクラ属の落葉高木です。観賞価値が高い花を咲かせる「花ウメ」と、薬や食品加工用に向く良質の実をつける「実ウメ」に名目上分けられます。早春に咲く花は、お花見の対象としてサクラより長い歴史を持ち、奈良時代以前には、「花」といえばウメを表したほどだったそうです。
サクラは木全体を、ウメは一輪、一輪を観賞すると言われます。

花ウメの多くは江戸時代に改良が進みました。花の色は白、赤、ピンクとそれらの混合種(1本の木に色合いの違う花が混ざって咲く)があり、香りの高い白花に最も高い価値があるとされています。

寿命が長く古木となっても力強く芽吹くことや、肌寒い早春に開花することなどから慶事の象徴とされ、マツ、タケとともに歳寒三友( さいかんのさんゆう )、日本では松竹梅と呼ばれます。古木の盆栽などはとても価値が高く評価されています。

花ウメの分類

梅の品種は300種類とも500種類ともいわれており、花の観賞を目的とした「花ウメ」は以下の様に分類されています。

花ウメの分類
  • 原種に近い「野梅性」
  • 小枝と萼が緑色をした「緑萼性(青軸性)」
  • 古枝の髄まで赤い「紅梅性」
  • 大輪の花が咲き、秋以降に枝が紫がかる「豊後性」
  • アンズとの交配によって作られた「アンズ性」
  • 枝がしだれる「枝垂れ性」

観賞用のウメのご紹介

苗木を購入したり、挿し木で増やせるウメ。露地に植えたり、盆栽仕立てにしたり楽しみ方はいろいろです。水はけがよく、有機質の多い土でよく生育します。赤玉土(中粒)2に、完熟腐葉土または樹皮堆肥1の比率で混ぜたものなどを使うと良いでしょう。

■思いのまま
野梅系。野梅性の中輪八重咲きで、紅、白と咲き分ける。一輪の中に紅、白の入る絞り咲きになることもある。別名「輪違い」。

■鹿児島紅
緋梅系。緋梅性の中輪八重咲き。濃紅色でやや遅咲き。

■紅千鳥
緋梅系。紅梅性の紅色の中輪一重咲き。花弁の内側に雄しべが変化した旗弁(はたべん)がある。この旗弁を千鳥にたとえたのが品種名の由来。

■玉牡丹梅(タマボタン)
花が白色の八重咲き中輪タイプです。

■合わせて読みたい
(Let’s Green Life)
梅に恋してウメ尽くし。知的なあなたに好奇心な情報。

コメント

タイトルとURLをコピーしました