花はかわいく、実は美味しく漢方にもなる! サンシュ。

未分類

薬用植物として日本に導入されました。現在では、春を告げる花木のひとつとして切り花や庭木、公園樹として親しまれています。

植物の特徴

ミズキ科ミズキ属の落葉小高木です。
花期は3月から5月にかけて、若葉が芽吹く前に短枝の先に、5mmほどの黄色い小花を枝いっぱいに咲かせ、満開の花が黄金色に輝くように咲く姿から「ハルコガネバナ」の別名があります。

秋にグミに似た赤い実が熟すので「ヤマグミ」とか、サンゴに例えて「アキサンゴ」とも呼ばれています。味は甘く、酸味と渋みがあります。

さまざま用途があります。

樹木は切り花に利用され、果実には薬効があり乾燥させて漢方などの薬用に利用されます。ジャムに利用したり、ホワイトリカーに漬けて薬用果実酒として利用されています。

育ててたのしみましょ

比較的寒さに強いので、日本全国で分布しています。 日当たりがよく、水もちがよい肥沃な場所を好みます。
植え付けは落葉した休眠期(11月から翌年の3月)に行いますが、厳寒期の1月から2月は避けます。鉢植えの植え替えもこの時期に行います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました