新緑時期のシンボルツリーはこれだ!

品種のご紹介

梅雨に入る前に、自らの生命力を花に集中したかのように咲き誇る花木、キョウチクトウを特集します。夏いっぱいまで花を楽しめます。

キョウチクトウ(夾竹桃)

葉は竹に似て細長く、花は桃に似ている事からこの名前がつきました。花はピンク、黄色、白など多くの園芸品種があり、八重咲のものもある。時期になるとまとまって一気に咲くので、ボリュームのあるシンボルツリーになります。

シロバナキョウチクトウ

乾燥や大気汚染に強いため、緑化樹として公園や高速道路などにも植えられています。

美しいものには、毒がある?

夾竹桃は、花、葉、枝、根、果実などのすべての部分に毒があります。また周辺の土にも毒性があります。体内に入ると心臓発作や下痢、痙攣などを引き起こします。 家畜が食べたり、また子供が触らないように気をつけましょう。 美しい花には棘(毒)があるのですね。

剪定した枝も注意が必要です。ゴミ出しする場合は各自治体にご確認ください。焼却処分は家ではやらい様にしましょう。

育て方

もともと暖かい地域の樹木なので、植えつけ後、発根するまでのある程度の期間、土の温度が下がらない時期を選びます。いったん根付くと寒さに強く、東北の南部でも戸外で越冬できる庭木に育ちます。 取り扱いを気をつければ、お手入れも少なく育てやすい植物です。

最後に

毒をもつシンボルツリーなのですが、扱いに注意さえすれば毎年、ボリュームある花を楽しめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました