規則正しい形が気持ち良い ワイヤープランツの魅力

品種のご紹介

ワイヤープランツはれっきとした木です。 コンテナやハンギングバスケットの寄せ植え、グラウンドカバーなどによく利用されます。このすっきり清々しい見栄えは、職場のご自分の机に飾ってもいいかもしれません。

どんな植物なの?

オーストラリア、ニュージーランド原産のつる性の木です。茎は立ち上がらず、這うように広がったり、壁などをよじ登る性質があります。 霜の降りない地域では常緑になるので、グラウンドカバーとしても利用できます。 また、日なたでも半日陰でも育ち、場所を選びませんので室内でも日がよく当たる場所であれば、インテリアグリーンとして楽しめます。

いくつかの園芸品種があります。

葉の形状がハート型やスペード型のものや、マーブル模様の班入りになる品種など数種類が出回っています。夏にごく小さな花を咲かせますがあまり目立ちません。

■スタンダード

■スポットライト
葉にピンクと白の斑が入ります。斑は消えやすいので摘心をすると、斑の入った新芽が出やすいそうです。

■スペード
葉の切れ込みが深く、スペード形のように見えます。従来の普通葉のものと比べて生育は多少遅く、寒さにもやや弱い様です。

■ハート
ワイヤープランツの仲間で、ハート形の葉っぱがときどき出現する品種です。

育て方、増やし方

生育が旺盛なので、特に鉢植えの場は、水切れや肥料切れ、根詰まりを起こしやすく落葉しますので、大きくなったら一回り大きめの鉢や根分けすると良いですよ。

■ワイヤープランツの植え付け・育て方(約9分)
HIDAMARI

ワイヤープランツの植え付け・育て方 | Muehlenbeckia

最後に

ワイヤープランツは流通名として有名ですが、 ミューレンベッキアとも呼ばれます。タデ科は種類が多く有名なものでは、ソバ、山菜のイタドリ、染料のアイも仲間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました